有意義タイム

CATEGORY PAGE

記憶力を高めるプチ習慣①

「記憶力を高めたい!」と思っても、具体的にどうすればいいのかと悩むことってありますよね。今回はどんなに忙しくてもできる、記憶力を高めるプチ習慣をお伝えします。記憶力をアップする小さな習慣を組み込もうまず一番はじめに大切なのは、記憶したいことと記憶しなくていいことを分けることです。人は記憶するときにも集中力を使うので、覚えることを選ぶことで効率よく記憶しやすくなります。おすすめの方法は、1分間紙に書...

学校や社会からの洗脳を解く方法③

①と②に続いて、学校や社会からの洗脳を解いて、自由になる方法をお話します。アクセルを踏む②までではたまには常識を疑うことが大事ということについて話しました。では、具体的にどうすればいいのかというと、自分が余計な考えに縛られていることに気づいたら、自分にとって本当に大事なことを思い出します。もし、その常識と言われているものが、大切なことをやるときの制限になっているのなら、常識を破る方法を考えます。まず...

長生きするコツの1つは、外に出る回数を増やすこと

みなさんは、外に出るのは好きですか?私は根っからの内向型なので、家にいる方が好きで、なるべくなら外に出たくありません(笑)ですが、世の中には外に出ることで健康になれるという研究もあるので、それについてご紹介したいと思います。外に出るだけで健康に好影響イスラエル・ヘブライ大学ハダサー医療センターのジェレミー・ジェイコブズ医師の調査で、70〜90歳を対象にした研究なのですが、死亡率が最も低かったのは毎日外に...

学校や社会による洗脳を解く方法②

前回の続きで、学校や社会によるよくない影響を防ぐ方法についてお話します。柔軟に考える前の記事では「好奇心が弱まる可能性がある」ことが学校教育の問題の1つだと言いました。これに関連して、もう1つ「個性が削られる可能性がある」という欠点についても話していきたいと思います。学校や社会は常識を教える場でもあります。「遅刻してはいけない」「忘れ物をしてはいけない」「空気を壊してはいけない」と、自然と“普通”と認...

学校や社会による洗脳を解く方法①

ホリエモンの『すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~ 』(光文社)を読んだ感想と、考えたことを書いていきたい思います。ブレーキを知る極論ですが、常に人は何かしらの洗脳を受けています。程度はあれど、影響が0ということはありえません。では、もっとも影響力が大きいものとは何でしょうか? 親や家庭環境はもちろんですが、今回は学校教育に重点を置いて考えていきたいと思います。例えば「やりたいと思って...