有意義タイム

CATEGORY PAGE

『約束のネバーランド』5巻 感想(ネタバレあり)

『約束のネバーランド』(原作 白井カイウ 作画 出水ぽすか)5巻。エマは全員で脱出したいと言っていましたが、レイに言われたことも考えて4歳以下を農園に残すことを決めました。やはりエマの性格なので、諦めたわけではなく将来また助けにくるという決断でもありました。確かにその方が脱出できる可能性は上がるのでいい方法だと思いました。出荷されるのは満6歳からなので、1年半から2年ぐらいの猶予があることになります。...

『約束のネバーランド』4巻 感想(ネタバレあり)

『約束のネバーランド』(原作 白井カイウ 作画 出水ぽすか)4巻。エマが足を折られ、ノーマンの出荷が決定と3巻からストーリーは大きな変化を見せました。エマはノーマンの出荷をどうしても認めたくありません。どうにかしてノーマンを救う方法はないかと考え続けます。そしてその本人であるノーマンも実は、生きたいと強く思っています。みんなを助けたい……だけどそう思っている自分自身もこんなに生きたいと思っている。その...

『プラチナエンド』2巻感想(ネタバレあり)

『プラチナエンド』2巻(小畑 健 著、大場 つぐみ 原著、集英社)。衝撃的な展開を見せた1巻の続きですね。ミライが咲ちゃんに刺されたのは“赤の矢”でした。赤の矢は刺した人のことを33日間好きになるというもの。しかし、ミライはもともと咲ちゃんのことが好き。ではどうなるのか……積極的になりました(笑) 刺された瞬間、ミライは告白をします。ですが、咲ちゃんはすごく暗いというか、元気がないんですね。どうしてなのか。...

『プラチナエンド』1巻感想(ネタバレあり)

『プラチナエンド』1巻(小畑 健 著、大場 つぐみ 原著、集英社)。『DEATH NOTE』や『バクマン』を書いたコンビの作品ですね。私はこの2人の作品がとても好きで、最新作が出ると知って速攻で買いました。読むまでは少し時間がかかってしまいましたが(笑)とても面白い漫画だったので、紹介させていただきます。「私が“生きる希望”をあげる」架橋明日は家族を事故で失い、引き取られた親戚のもとでも辛い日々を送っていた。全...

『無能なナナ』1巻感想(ネタバレあり)

『無能なナナ』1巻(るーすぼーい 著、古屋庵 著、スクウェア・エニックス)。好きなシナリオライターの漫画なので気になっていて、読んでみました。ざっくりストーリーを説明すると、都市を破壊し、人々に危害を及ぼすとされる“人類の敵”というのがいて、実はその正体は特殊な能力を持った人間。そいつらを絶海の孤島にある学園に、人類の敵と戦うための訓練だと騙して通わせ、ナナというヒロインが能力者を抹殺していくという話で...