有意義タイム

ARCHIVE PAGE

学校や社会による洗脳を解く方法②

前回の続きで、学校や社会によるよくない影響を防ぐ方法についてお話します。柔軟に考える前の記事では「好奇心が弱まる可能性がある」ことが学校教育の問題の1つだと言いました。これに関連して、もう1つ「個性が削られる可能性がある」という欠点についても話していきたいと思います。学校や社会は常識を教える場でもあります。「遅刻してはいけない」「忘れ物をしてはいけない」「空気を壊してはいけない」と、自然と“普通”と認...

学校や社会による洗脳を解く方法①

ホリエモンの『すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~ 』(光文社)を読んだ感想と、考えたことを書いていきたい思います。ブレーキを知る極論ですが、常に人は何かしらの洗脳を受けています。程度はあれど、影響が0ということはありえません。では、もっとも影響力が大きいものとは何でしょうか? 親や家庭環境はもちろんですが、今回は学校教育に重点を置いて考えていきたいと思います。例えば「やりたいと思って...

アルコールが抜けるまでの計算式と、酔いづらくする方法

みなさんは、普段お酒を飲みますか?また、お酒に強い方でしょうか、弱いほうでしょうか。今回は「アルコールはどれぐらいで抜けるの?」という疑問に答え、酔いづらくする小技も紹介します。アルコール計算式自分の体重×0.1=1時間に分解できる量(g)飲んだお酒の量×(飲んだお酒のアルコール度数÷100)×0.8=純アルコール量(g)純アルコール量÷1時間に分解できる量=飲んだお酒のアルコールが抜けるまでの時間(時間)この式に...

カフェオレとカフェラテの違いとは?

「カフェオレとカフェラテは、何が違うんだろう?」と思ったことはありませんか?今回はこの2つの違いについてお話します。カフェオレもカフェラテも、コーヒー牛乳です。カフェオレはフランス語で、「カフェ」はコーヒーを表し、「レ」は牛乳を意味します。カフェラテはイタリア語で、ラッテ(ラテ)と言い、これも牛乳のことですね。簡単にまとめると日本→コーヒー牛乳フランス→カフェオレイタリア→カフェラテという感じですね。...

効果的な「嘘」について考えてみる②

①の記事では、デメリット以上にメリットが得られるというのが、効果的な嘘の前提と書きました。ではこれをもとにして、今回も上手なフェイクの使い方についてお話していきたいと思います。嘘の難易度訓練していない人が、嘘を見抜ける確率は54%ぐらいといわれています。徹底的に訓練している人で8割ぐらいです。これからもわかる通り、他人から見られたり評価されることについて鵜呑みにしない方がいいということがわかります。面...

二度寝のやりかたを変えて二度寝対策②

前回の続きで、二度寝のやりかたを変えて二度寝しづらくする方法についてご説明します。「もう少しだけ......」ではなく、まとめて最初に、起きたらカーテンを開ける習慣をつけると覚醒しやすくなります。できるならこのときに、ミントのアロマを吸うと覚醒や集中力アップ効果があり、さらに二度寝しづらくなります。また、二度寝したいと思ったときに、あと10分......と思ってしまうともう一度寝やすくなってしまいます。なぜなら...

二度寝のやりかたを変えて二度寝対策①

今回はちょっと変わった視点から、時間通りに起きる方法についてお話ししたいと思います。時間をずらすそもそもの前提として、人は6時間30分〜7時間30分の睡眠が必要になります。例外として、限りなく少数ですが、ショートスリーパーの遺伝子を持ってる人は3時間などの少ない睡眠でも大丈夫ということもあります。また、ロングスリーパーの人は9時間以上眠らないと眠いという人もいます。しかし、多くの人がその間のミドルスリーパ...

効果的な「嘘」について考えてみる①

普通に過ごしていれば誰しも、何回かは嘘をつくことってありますよね。今回は「嘘」の上手な使い方について、いろいろお話していきたいと思います。効果的な嘘とは何かそもそも、メリットのある嘘とはなんでしょうか。前提条件として、嘘をつくデメリットよりもメリットの方が勝るフェイクである必要があります。あたりまえではありますが、その理由は、嘘をついて結果がマイナスになったら意味がないからです。では、効果的なフェ...

衝動に振り回されないコツ

「自分をコントロールできない……」「衝動的になってしまうことがある」、そんなことで困ったことはありませんか?今回は、衝動に振り回されない方法についてお話したいと思います。マインドフルネスマインドフルネスとは、「今、ここ」に集中することです。この今に注意を向けるということができれば、人は欲望に振り回されづらくなります。人が衝動に振り回されて余計なものを買ってしまったり、食べ過ぎてしまったりするのは、過...

短時間でおもしろいほど体力がつく、最強の運動法「HIIT」

最初に「HIIT」とは何か? という説明をします。HIITとはHigh intensity interval training(ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング)を略したもので、ハードな運動をして休むことを繰り返す運動法です。また、田畑泉博士が70年代に開発したアスリート向けのタバタ式トレーニングというものもあり、これはHIITの一種です。HIITのやり方とメリット先にタバタ式トレーニングの説明をしますが、「高強度の運動を20秒」と...