有意義タイム

ARTICLE PAGE

忘却への対応策

a1380_000098.jpg

人は自然と物事を忘れるようにできています。
これは、脳の機能を正常に保つためです。
ですが、これはちゃんと「覚えておきたい」ということはよくありますよね。
では、人の忘れる流れと、対応策について考えていきたいと思います。


どれだけ覚えたいかで、復習のタイミングを選ぶ
記憶について参考になるのが、『エビングハウスの忘却曲線』というものです。
これは、心理学者のエビングハウスが被験者に、意味を持たない羅列された文字を覚えさせて、
どのように忘れていくのかを実験したものでした。
この実験から、20分後には42%忘れ、1時間後には56%、1日後には74%、1週間後は77%、1ヵ月後には79%忘れているという結果がでました。
これから、覚えはじめが大きく忘れやすいとわかるので、覚えた直後に復習しておくと、より記憶に残りやすくなるでしょう。
1ヶ月には79%ともなると、思い出すのも難しい状態ですよね。
やはり、記憶を定着させるさせるには復習が大切です。
では、効率のいい記憶方法は何か?
これにはいくつかのパターンがあります。

毎日
1日後、3日後、7日後
20分後、1時間後、1日後、1週間後、1ヵ月後


必ずしもこれが正解というものはないので、自分の目的や覚えたいものに合わせて使い分けると良いでしょう。
私がおすすめするのは毎日です。
確かに、『エビングハウスの忘却曲線』に合わせてという方法も1つの手ではあるでしょう。
ですが、なぜ私が毎日をおすすめするのかというと、習慣化しやすいからです。
記憶力を高める方法として、手続き記憶を強化するのが効果的です。
この手続き記憶とは、体が覚えている記憶のことで、反復することで強くなっていきます。
何度も書いたり、口に出して言うことも、体で覚えるということになります。
イメージしたりだとか、あれこれ工夫して覚えようとするのも、もちろん大切です。
しかし、まずは反復すること。
そして、覚えるのを毎日のこの時間と決めてしまったほうが、やるかどうかで迷わずにすんで楽です
さらに、習慣化すれば大して意識しなくてもその行動ができるように自動化されていきます
そこまでなれば、意識的に覚えようと頑張らなくても、「気づいたら覚えていた」という感覚まで持っていけます
毎日やると決めた方が、心理的な壁も減りやすく取り組みやすいです

1日後、3日後、7日後というタイミングで復習すると、記憶に残りやすいといわれています。
優先度的には、“毎日復習する”方がいいのですが、もし毎日復習している暇がないとき。
「他にやりたいことがあるから、毎日はやってられない」ということなら、この1日後、3日後、7日後のタイミングで復習してみましょう。
7日後の後にも復習を続けるなら、1週間に1回ぐらいがちょうどいいのではないでしょうか。

そして、『エビングハウスの忘却曲線』に合わせた、20分後、1時間後、1日後、1週間後、1ヵ月後の復習。
考えなしに復習するよりは、こちらのほうが効果があるかもしれません。
しかし、この研究結果は飽くまで1つの目安です。
これが全てではないので、1番効率的な復習タイミングとはいいきれません。
短時間で覚えたいことがあるなら、こまめに復習した方が効果的だと思います。
ただ、1日後、3日後、7日後のタイミングですら、時間をとりたくない場合。
そこまで本格的ではないが、軽く復習をしておきたいという物事は、このタイミングに合わせるとちょうどいいのではないでしょうか


忘却への対応策、いかがでしたか?
やはり、忘れることを防ぐには復習するしかないです。
いくらインパクトの強い物事でも、反復を行なっていなければ、いずれ忘れてしまいます。
また、復習タイミングが早すぎるのも、脳の整理などの関係で、勉強効率がよくないので避けた方がいいかもしれません
目的に合わせて、復習の仕方を変えてみてください。
この記事が効率的に記憶を定着させるための、参考になってくれれば幸いです。
ブログランキングに参加中です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
Category: ライフハック
Published on: Mon,  15 2017 13:26
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment