有意義タイム

ARTICLE PAGE

「感情の数値化」でポジティブな視点を手に入れよう

a0002_000724.jpg

みなさんは日常で、物の見方を意識することはありますか?
人は知らず知らずのうちに、自分なりの物の見方を複数持っています。
これをコントロールできるかどうかが、自分の思考や感情を操るポイントともいえるでしょう。
では、ポジティブになれる物の見方について一緒に考えてみましょう。


感情を具体的に捉えてコントロールする
『3日でプラス思考になる本』(清水榮一)で興味深いことが書かれていたので紹介します。

『それは、「すべての物事には両極があり、それらの極は程度の違いであって根本的な性質はひとつである」(両極の法則)という法則です。』

「両極の法則」の使い方としては、物差しをイメージするそうです。
中央はゼロ、左はマイナス、右はプラス。
つまり、この想像の物差しを使うことで、視点をコントロールするというやり方です。

例えば、仕事などで雑用をしているときに退屈という感情が出てきたとします。
その状態を物差しの左として考えるとします。
そうしたら、右には楽しいとか刺激的という言葉がくると思います。
物差しが左にいくほど退屈、右にいくほど楽しいと考えてみてください。
雑用に退屈を感じている時点で、物差しは左の方に寄っています。

では、この視点を変えるには物差しの目盛りをずらせばいいわけですね。
目盛りの位置を変える方法をいくつかあげてみます。

考え方を変える
工夫する


といった感じですね。
考え方を変えるには、イメージや捉え方を変えるといったものがあります。
イメージを変えるとしたら、「雑用をしている自分て、時間に余裕がある人みたいでいいんじゃね?」と思うとか。
捉え方を変えるとしたら、ある程度慣れている雑用なら、作業をしながら考え事をする時間に使えるとか。

前者は目盛りが右に移動できているはずです。
後者でも退屈な時間からは離れられるはずです。
あとは、工夫するという方法。
例えば、雑用で目的を決めてゲーム化するのもいいでしょう。
タイマーを使って5分以内でこの雑用を終わらせるとか。

ストップウォッチを使って最高速度を目指すとか。
他には、いかに綺麗にクオリティ高くこの雑用をこなせるか、などなど。
自分で目的を設定して遊びにしてみると、楽しいという感情が強くなり、物差しは右側のプラス方向に変わるでしょう。

『両極の法則』も役に立つテクニックだと思いますが、私は感情は複数同時に存在しているものだと考えています。
つまり、苦しいと楽しいが同時に存在する時もあれば、退屈と面白いという感情が同時に存在している時もあります。
なぜこうなるかというと、1つの物事は多角的に捉えることができるからです。
1つの作業でもつまらない部分と面白い部分があるので、両方の感情が引き出されるというのはあると思います。
何が言いたいかというと、感情ごとに数値化してみるのもありだということです。

「あ、辛いな……」と感じたらそれを10段階ぐらいで数値化してみる。
5段階でもいいです。
辛さは6ぐらいだなと数値にしてみます。
「でもちょっと楽しいかも」と感じたらそれを10段階で数値化してみます。
楽しさは7ぐらいだなと判断します。

こうするメリットとしては、より複雑な感情でもコントロールしやすくなるということです。
辛いけど今は楽しさの方が勝っている、というように感情の把握もしやすくなります
そして毎回、数値化するようにしていれば「比較」ができます。
あのときと比べたら辛くない、大丈夫。
あのときと比べたら、刺激的で面白い時間が過ごせている。

分析をすることもできます。
前回と比べたらワクワクが増えてる。
じゃあ、「その感情の変化はなぜ起こったのか?」と考えるのです。
すると、前よりも自分でコントロールしやすい作業が増えたとか、作業の進行度や達成度が見える化されているなどに気づくことができます。

そうすることで、自分がその感情になりやすいタイミングや状況を把握することができるのです。
把握ができればコントロールしやすくなります。
感情を数値化するだけでなく、記録するともっと効果的だと思います。

ただ、フィーリングで楽しみたい時や、細かく感情管理する必要のない時はそこまでしなくていいと思います。
なんだかモチベーションが続かないとか、今の作業をもっと楽しく感じたいというときは「感情の数値化」を使ってみるといいと思います。


「感情の数値化」でポジティブな視点を手に入れよう、いかがでしたか?
ぜひ、今後は視点を変えるというテクニックも使ってみて、日常をより豊かなものにしてみてくださいね。


参考本、おすすめ本




ブログランキングに参加中です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
Category: ライフハック
Published on: Wed,  12 2017 07:50
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment