有意義タイム

ARTICLE PAGE

明晰夢をコントロールする方法

a0940_000408.jpg

明晰夢の維持ができるようになったら、ここからは応用編です。
夢の中で遊ぶ方法をお話します。


場所をクリエイトする
場所を作るには、やはりイメージが大事です。
まず、明晰夢と気づくまでの夢では記憶や無意識によってつくられた場所にいるので、そこから自分の空間をクリエイトしてみましょう。
どんなところに行ってみたいですか?

自分の好きなものばかりがあるユートピア。
SF映画に出てくるような、近未来な世界。
昔に旅行で行ったことのある懐かしい場所。

どこでもいいので、イメージしてみてください。
より詳しく、より鮮明に
想像するものが曖昧だと、すぐ他のイメージと混じってごちゃごちゃになったり空間維持が難しくなってしまうので、できるだけ具体的にイメージしやすい場所がいいですね。

イメージしてその場所をつくることができたら、歩き回ってみましょう。
その空間はどのように動いたり、変化しているのか見てみましょう。
完璧にその場所を再現することはできないので、おそらくモヤがかかっている部分もあるでしょう。
記憶から引き出されて、急に知り合いが登場することもあるかもしれません。
ですがそこで焦らずに、イメージし続けて自分の心地の良い空間を保ち続けてみてください。

そこまでできたら、場所のクリエイト→維持までのステップが完了します。
場所をつくり出すことは練習すれば意外とすぐにできるのですが、それを維持することは難易度が高いです。
ともかく、少しぐらい不完全な世界でも、途中で崩れかけたとしてもその世界を楽しんでみましょう。
起きるまでは、あなただけの自由な遊び場です。


アイテムをクリエイトする
明晰夢で、道具をつくるのはそれなりの練習が必要になります。
他の明晰夢に関する記事でも何度も言っていますが、個人差があるのですぐにアイテムを作り出せる人もいるだろうし、何度チャレンジしても別のものが出てきたり、そもそも出てこなかったりすることもあるでしょう。

ですがこれは遊びなので焦らずに、気楽に取り組むことがポイントです。
なぜなら、焦ると失敗したときのイメージをしてしまう可能性があるので、そうなるとさらに上手くいかないようになってしまうかもしれないからです。
夢の中で「……夢か!」と気づくことに成功したなら、そこからはゆったりとした気分でいろいろな実験をしてみましょう。

「空を飛んでみたい」という人は、空を飛ぶ練習から始めてみるのもいいかもしれません。
ただ、空中浮遊や空中飛行は私も試してみましたが、夢の中で空を飛ぶのはかなりムズカシイ……(笑)
現実世界での私たちは地から足が離れて、自力で浮かび上がったりできないですよね。

現実で経験したことのないことはイメージがしづらいので、夢で再現するのも簡単ではないのです。
まあもし、夢の中で超次元的なことがしたいのであれば、マンガやアニメ、映画などでイメージを膨らませておくと効果的だと思います。
そして、次に明晰夢をみる機会があったら「これをやってやろう」と自分の内に楽しみを持っておくといいでしょう。


明晰夢といってもいろいろな楽しみ方がありますね。
ではみなさんもぜひ、ハワイに行くのでもいいですし、夢の中で思う存分遊んでみてくださいね。 ブログランキングに参加中です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
Category: ライフハック
Published on: Wed,  06 2017 12:35
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment