有意義タイム

ARTICLE PAGE

否定を否定するということ

a0960_006014.jpg

否定されることって誰でもありますよね。
ですが、否定されても感情的にならない方がいいです。
なるべく冷静に対応できるようになりましょう。
今回は否定を利用する方法について考えてみましょう。


意見の強化
誰かに自分の意見を否定されたら、その否定を否定してみましょう
否定を否定するということは、自分の意見を肯定することに繋がります
自分の意見を肯定することになれば、自分の意見は強化され、より正しく信じれるものになります。
新しい考えも生まれるかもしれません。
他人に自分の意見を否定されたからといって、落ち込むことはありません。
解釈の仕方は人それぞれだし、相手の意見を利用して自信をつけてしまえばいいのです。


自信になる
相手の否定意見を心の中でもいいので否定してみましょう。
こうすることで、情報区別能力もアップします。
情報を区別する力が磨かれれば、余計な情報に振り回されにくくなります。
また、大して根拠のないようなことを言われても、この人はこういう考えなんだなと冷静に対応できるようになります。

本当に重要なことに耳を傾けることが大切です。
世の中いろいろな人がいるし、色々な考え方や意見があります。
そこで、
自分の必要としている情報は何か?
と考えてみましょう。
まずは自分の知りたい情報を決めておくと、そのことが目につきやすくなる効果があります。

日常会話でも、
この人は何を考えているのか?
何が言いたいのか?
などを考えながら話を聞いてみましょう。
相手の本当に言いたいことがだんだん、理解できるようになっていくと思います。

人は誰でも肯定的な人ばかりとは限りません。
ディスカッション(意見の出し合い)を求めて会話をしたとしても、人によってはディベート(言い合い)みたいになってしまう人もいるかもしれません。
だからこそ、否定的意見にどう対応するかということも考えておく必要があります。
他人からの否定意見の押しつけは気にしないのが一番ですが、利用して自信にすることもできるということです。

あなたの意見は、あなたが信じた意見です。
意味もなく可能性を潰してしまうのはやめましょう
たとえ誰かに否定されたとしても、時には立ち向かってみる勇気も大切です。
こう否定されてしまったけど実はこうなんじゃないか?とか。
様々な可能性を考えてみましょう。
きっと考えるクセがあなたを大きく成長させてくれますよ。 ブログランキングに参加中です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
Category: ライフハック
Published on: Wed,  25 2017 23:46
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment