有意義タイム

ARTICLE PAGE

夜にタスクを入れないほうがいい理由

a0790_001245.jpg

夜にタスクを入れてはいけない理由、なんだと思いますか?
寝る前の時間は、リラックスする時間にあてたほうがいいです。
なぜならそうすることで、メンタルが回復できて明日への活力にもなるからです。
他にもいろいろな理由があるので、順を追って説明していきます。


睡眠に影響が出る可能性
夜にタスクを入れてしまうと、寝る前のリラックスする時間をその作業に使ってしまうことになります。
もちろん作業によっては、簡単にできるものもあると思うので、そういうのは大丈夫だと思います。しかし、ある程度時間がかかるもの、高い集中力が必要な作業を夜にやろうとすると効率が悪いです。「でも自分は夜型だから……」という人もいると思いますが、基本的には夜型だからといって必ずしも夜の集中力が高いとは限りません(一時的に集中力が高くなる人も存在します)。

なぜなら、人間の仕組みから考えると、起床してからあらゆる機能のパフォーマンスが良くなっていき、ある程度まで集中力が上がったらそこから時間経過とともに下がっていく傾向があるからです。休めば回復はしますが、いくら休憩をはさんだところで集中力がすごく大きく上がるということはないですよね。
集中力は長続きさせることはできますが、1日の最後にはどうしても低下していくことは否めません。

つまり、「早起きは三文の徳」や一般的によくいわれる「夜より朝のほうが3倍効率がいい」というのは理にかなっているし、多くの人にあてはまるということになりますね。夜に仕事を入れてしまうことは、効率がよくない上に身体を活性化させてしまい、睡眠の質を下げてしまう可能性があります。それだけではなく、タスクが中々終わらないとなるとやめられなくなってしまい、寝る時間が遅くなってしまうということになりかねません。
睡眠こそ最優先タスク。基本的に、睡眠以上に優先しなければいけないことなどないのです。

では、やることが夜に溜まってしまった場合はどうすればいいか?
こういうときは、例えば18時以降や19時以降は仕事をしないとあきらめる時間を決めて、明日にタスクを回しましょう。朝のほうが集中力が高いのでその方が効率的でさっと片付くでしょう。夕食以降や、お風呂上りからはという目安を設けるのもいいでしょうね。

また、寝る前に決まってリラックス時間をつくっておくことで、メンタルを回復させることができます。人は“終わりに好きなことをやると満足感を得やすい”ので、1日の終わりに楽しみを持っておくと良いでしょう。それは読書の習慣でもいいし、ゆっくり映画をみるでもいいです。自由で好きなことをやる時間を1日の最後につくっておくことで、その日1日の満足感はとても良いものになってくれるでしょう。それが明日へのモチベーションアップにも繋がります


まとめ

睡眠に影響が出るので夜にタスクは入れないほうがいい
あきらめる時間を決めて明日の朝にタスクを回す
寝る前に好きなことをすれば、1日の満足度がアップ

もう1つ言うなら夜は確実性が低い時間なので、なんだかんだ予定が入ってしまい習慣を保ちにくいというのもありますね。習慣をつくるなら意志力に優れて確実性も高い朝にするのをおすすめします。
朝にやることを済ませておけば、1日の充実感がとても良くなるでしょう。


ブログランキングに参加中です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
Category: ライフハック
Published on: Sat,  16 2017 08:05
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment