有意義タイム

ARTICLE PAGE

要領のいい人間になるコツ

a0003_001872.jpg

要領のいい人って羨ましいですよねぇ。
学校でも職場でも、あの人はそんな辛そうに見えないのに何でサラッとやることができてしまうのか?
今回は、要領のいい人になるコツについてお話していきます。


「力の入れどころ」と「力の抜きどころ」を見極める
要領のいい人は何でもできるように見えて、もちろんできないものもあります。
正確には、敢えてやらないところをつくっているのです。それが意識的なものかは人によりますが、わざと力を抜くところをつくることでエネルギーを温存しているのです。こうすることで、他のもっと重要なことに力を使うことができます。

では、どうやって力の入れるところと力を抜く場所を区別するか?
これは自分なりの判断基準を持っておくといいです。
例えば。

今やることで効果的なものは?
やらなくてもいいことは?


こんなところですね。「今」というのがポイントです。物事には効率が最大化するタイミングというものがあります。逆に言えば、今やっても大して意味がないということも存在します。例えば、受験の前に受験勉強をするのは当然ですよね。それ以外の勉強に力を入れても、他の分野に詳しくなるかもしれませんが、受験で大きな結果に繋がるとは考えづらいです。
ですが、汎化作用として息抜きに他の分野のことをするという方法はあります。「何だか調子が出ないな……」というとき、スランプを感じた時は敢えて関係のないことをやってみたりすることで、脳が活性化してスランプを打ち破ることができたりします。

ただ、それは中々結果が出づらくなったときの話。基本的には、今やることで効果を最大にできるものを選択することが大事になります。「今やることで効果的なものは?」と自問することで、現在本当に重要なことを見極めることに繋がります。人は「効果的なことをやろう」と考えて取り組むより、「最も効果的なものは何か?」と問いかけて→「これだ!」と自問形式にして自分で答えるようにした方がモチベーションにいい影響を与えることがわかっています
自問は上手に使うことで、自分の思考の切り替えをスムーズにしてくれるのです。

「やらなくてもいいことは?」と自問することも大切。
人はついつい、世間体や見栄などでやらなくてもいいことまでやってしまうものなので、やる必要のないことをバッサリと切り捨てることが成功の鍵になります。

承認欲求に振り回されるのではなく、承認欲求をこちらから利用するという考え方が大事です。「認められなきゃ」と思うと、人は自分を捨てるような行動をとってしまい大したものも得られずに終わってしまう……。そんなことにならないためにも、自分が何をやりたいか、何をやっているときが幸せで価値を感じるかを知った上で、「これで周りの人を見返してやる……」という風に承認欲求のベクトルを野心のように使うところがコツですね。
こうやって承認欲求を道具のように利用することで、目標達成率をアップさせ、余計な不安をかき消すことができます。

このように自問などを上手く使うことで、力の入れるところと力の抜くところを見極めます。
そうやってあらかじめ集中するところと集中しないところを決めておくことで、他人から「これやって」などと言われて「じゃあやることもないし……」と他人に考えなしに支配されてしまうことを防ぐことができます
自分で一日をコントロールするという感覚が大事ですね。


まとめ
要領のいい人は力のいれどころと抜きどころを知っている。

自問で見極める(「今やることで効果的なものは?」「やらなくてもいいことは?」)
「認められなきゃ」ではなく、自分の好きなことで「認められたらワクワクするな」と考える(あるいは、「見返してやる」など)。
力のいれどころと抜きどころをあらかじめ決めておくことで、その場その場に振り回されない

こんなところですね。
要領のいい人ってやる必要のないことを割り切れるので、ストレスフリーでリラックスできているイメージがありますよね。
そんな風に慣れるといいかもです。
ぜひ、参考にして快適な毎日を手に入れてくださいね。 ブログランキングに参加中です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
Category: ライフハック
Published on: Wed,  04 2017 20:52
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment