有意義タイム

ARTICLE PAGE

不安を消し去る技

a0960_007848.jpg

不安て誰でも起こりますよね。
不安についての対応の仕方をご紹介します。


捉え方
不安は、自然現象と同じと考えてみましょう。
例えば、基本、雨は人の力でどうにかなるものではありませんよね。
不安は雨のようなものだと考えましょう。

勝手に来ては勝手に去っていきます。
そういうものだと良い意味で諦めがつくことで、気持ちが大分楽になると思います。
雨が降ったら、外に出ないか、傘をさせばいいのです。
不明瞭な恐怖は、あまり気にしすぎないほうが自分のためでしょう。

ですが、時には不安と向き合った方がいい場合があります。
それは、その不安が対応するべき可能性を示している時です。
最悪の事態の想定が大切な時もあります。
それも考えた上で、不安にどう対応するか、それとも去るのを待つか、決めてみましょう。


不安を消すワードを持っておく
不安を気にしすぎないために、不安を消すワードを持っておくと便利でしょう。
例としては、

そんなの関係ない
今はそれより重要なことがある
やってみなきゃわからない

など。
こういうワードを持っておくと、不安を消せるようになっていきます。
不安なんて曖昧なものです。
恐怖があったとしても、案外思ってたほどではなかったということは、よくある話です。

人間はイメージを膨らませたがります。
ポジティブな発想ならまだいいのですが、ネガティブな発想なら、なるべく速く消した方が良いでしょう。

夢や目標に向かって努力する過程で、不安はつきものです。
なぜなら、いつ何が起こるかなんて誰にもわからないのですから。
しかしだからこそ、余計なことは考えすぎないようにしましょう。
暗くて意味のないようなことを考えている暇があったら、明るくて意味のあることを考えましょう。
一つ一つの心がけが、あなたの人生を作っていきます。

今を楽しめば、細かいことは気にならなくなってくると思います。
今後をより良くするためにも、不安につきあっている時間があるなら、好きなことに全力を注ぎましょう。
そうすれば、不安なんてものは簡単に消し飛ぶでしょう。 ブログランキングに参加中です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
Category: ライフハック
Published on: Sun,  29 2017 22:58
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment