有意義タイム

ARTICLE PAGE

やることは時間と量、どちらで管理するのがいいのか?(時間編)

a0011_000278.jpg

何か目標を決めたとき、その計画をつくるとします。
そういうとき、“時間”と“量”のどちらで管理するか迷うことはありませんか?

例えばスケジュールを立てるとき、1日の中で「この時間からこの時間」はこれをするというのが時間で決める方法。量だったら、1日で問題集を5ページ解くという決め方と考えます。結局どっちが目標達成率が高いのか……。
時間と量、どちらで習慣化させたほうがいいというのは目的やその作業内容にもよるし、判断が難しいところでもあるので一緒に考えてみましょう。


時間で管理した方がいい場合
そもそも時間で管理するメリットは何でしょうか?

予定時間をオーバーしづらい
時間内で作業の質が高まっていく
モチベーションが上がりやすい


こんなところですね。一つ一つ見ていきたいと思います。
予定時間をオーバーしづらいというのは、タイマーなどであらかじめこの時間やると決めてあるからですね。そのタスクの作業時間が決まっているので、ついついやりすぎて次の予定の時間がズレてしまった、スケジュール全体が後倒れしてしまったという可能性を避けることができます。これはメリットとしてはかなりデカいです。

予定を好循環に回すコツとして前倒しで作業するというのがポイントなので、毎回タイマーを使っていれば「この時間でどれだけの作業ができるか」というのがわかってきます。そうすると時間の配分も上手くなっていくし、時間通りにできればそれだけでも大きなアドバンテージになります。多くの作業を計画通りにこなせる人は、案外少ないものです。

次に時間内で作業の質が高まっていくというところですね。例えば毎朝10分間を読書の時間にあてるとします。この場合、最初は途中で余計な考えごとや他のことに意識が向いたりして数ページしか読めないかもしれません。ですが繰り返しているうちに要領がわかってきて、この10分の中でどれだけ効率よく作業できるかというところにフォーカスするようになっていきます。なぜなら、その10分間はすでに決められている、そして誰しも時間は大切だと思うはずなので、自然と時間の質を高めるように身体が動くのです。

そして、モチベーションが上がりやすいというのも大切なところです。量管理だと、どこか作業時間が漠然としてしまうところがあります。まあ同時に、ストップウォッチで測るという手もありますが。なんにせよさっきの通り、時間で管理されていれば予定時間を超えるのをだいぶ防ぎやすくなるので、疲れすぎる日などが減って、モチベーションのムラも減らしていけます。掃除などのつい面倒に思いがちなものも、5分だけやるとタイマーセットすれば腰も軽くなるのでおすすめです。



時間で管理するのに向いている作業

優先順位が低いもの
量で管理しにくいもの
次の予定に食い込みたくないもの


優先順位が低いものはモチベーションが下がりがちなので、そういうものこそタイマーで時間を決めるとさっさと取り組みやすいでしょう。また、長引いてスケジュール全体に影響を与えてしまうのを防ぎやすくなります。より優先順位の高いものに時間を注ぐためにも、優先順位の低いことはこの時間だけやると即決して、素早く済ませてしまうのが効率的です。

そして、 量で管理しにくいものは時間で管理するといいですね。
例えば、絵を描く練習をしたい場合、まとまった時間がとれるなら毎日何枚描くか目標を決めるのもいいですが、普通に考えて描く絵によってかかる時間は変わりますよね。なので、凝った絵が描きたいときは時間で管理すれば、次また続きを描けばいいので作業の質を落とさずに済みます。つまり言ってしまえば取り組む内容によって難易度が変わるものは、量で管理しにくいものに入ります。そういうのは時間で管理した方が、余裕を持ってスキルをアップしていくことがしやすいです。

そして、次の予定に食い込みたくないものも、時間で管理するのがおすすめです。量で管理すると確かに目標が具体的になり、行動力は上がるのですが、ついつい時間を越してやりすぎてしまったりすることがあるので、次にどうしてもずらせないような予定が入っている場合は量ではなく、やる時間を決めておくといいでしょう。


まとめ
時間で管理するメリットは、「予定時間をオーバーしづらい」「時間内で作業の質が高まっていく」「モチベーションが上がりやすい」
時間で管理したほうがいい作業は「優先順位が低いもの」「量で管理しにくいもの」「次の予定に組み込みたくないもの」

ただ、時間に余裕があるなら量で管理するのも、モチベーションが上がると思うのでいいですね。あと、記録するならストップウォッチで時間を計り、量を記録するという方法がいいと思います。週や月の最後にどれだけできたかなどの分析に使えるので。記録を更新しつづけるという意識が大事ですね。 ブログランキングに参加中です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
Category: ライフハック
Published on: Sat,  23 2017 18:16
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment