有意義タイム

ARTICLE PAGE

確実なものと不確実なものを区別しよう

a0070_000185.jpg

世の中には確実なものと、不確実なものが存在します。
この二つは区別することで、計画や目標を立てやすくなります。


確実なもの、不確実なもの
正確には確実性の高いものと、低いものです。
他人や運が関わるものは、計画として成り立ちにくいです。
大切な目標を立てる場合は、コントロールできない要素はなるべくいれない方がいいでしょう。
他人については、いつどんな予定が入り、どういうことが起こるのか把握するのが難しいです。
大人数で目指す目標なら仕方ありませんが、基本的には、管理できる範囲というのがいいと思います。

運については、コントロールできる運と、コントロールできない運があります。
コントロールできる運は情報です。
普段から意識している情報は、まるでアンテナを張っているかのように、どんどん目に付くようになります
必要な情報は、意識することで、集めやすくなるのです。
情報が集まるようになれば、チャンスも増えることになります。

コントロールできない運は、人脈やランダムで決まるものです。
人脈が増えれば、あらゆる情報が入りやすくなり、チャンスは増えます。
しかし、人脈が増えることにより、どこまでの結果が出るかまでは細かく知ることはできません。
これは、不確実なものと言えるでしょう。

ランダムなものも、無作為で偶然的なものなので、基本的にコントロールすることができません。
ギャンブルなど、ランダム要素の多いものは、不確実なものに入るでしょう。


確実性の高い時間
確実性の高い時間は、朝です。
なぜなら基本的に、朝の早いうちは予定が入りにくいからです。
それに比べて確実性の低い時間は、夜です

出かけていたり、夕食に誘われたりと、何かと予定が入りやすいのが夜です。
その上、集中力も落ちてくる時間なので、勉強しようと計画していても、中々できなかったりします。
朝の時間は習慣化しやすい時間なので、大切な計画は早朝に入れるといいでしょう。

確実なものと、不確実なものを区別することで、必要のないことに苦労することが減ります。
コントロールできるものを優先的に計画に組み込むことで、着実にステップを踏んでいけるようになるといいです。
コントロールできないものは、割り切ってしまって、必要以上に考えすぎないほうがいいでしょう。


日常から、確実性の高いもの、低いものを区別できるようにクセをつけると、
目標達成率が高まります
よ。 ブログランキングに参加中です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
Category: ライフハック
Published on: Wed,  01 2017 22:09
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment