有意義タイム

ARTICLE PAGE

自閉症を自力である程度まで改善した話

実は私は自閉スペクトラムという精神障害を持っていて、コミュニケーションに抵抗があったんですよね。
しかし、ここ数年でだいぶ人と話せるようになったので、人見知り解消のために私がやったことを紹介したいと思います。

①コミュニケーションを増やす
②人前で恥ずかしいことをする


こんな感じでシンプルですね。一応ですが、私の場合は軽めの自閉症だったので、なんとか改善できたのかもしれませんね。ちなみに、病気は治せますが障害は治せないと世の中ではいわれていますね。しかし、絶対ということはないと思ったので、努力次第で“ある程度”までは良くなるんじゃないかと思って行動しました。

具体的に何をやったのかというと、食事や集まりに参加する回数を増やしました。元々人と話すのは好きだったのですが、そういう複数人で会話したりしたあとは頭痛や吐き気に襲われることがよくあったので、今まではなるべく避けるようにしていました。ですが、それだといつまで経っても変われないので、自分から食事や遊びに誘ったり、複数人で会う事があっても完全に黙るのではなくて、質問したりこちらから会話に参加するようにしました。

そして、「今はどんな空気なんだろう?」と一歩下がって考えたりして、その場の空気感を読み取れるように練習しました。普通の人はこんなことしなくても、自然にコミュニケーションがとれる場合が多いらしいですけどね(笑) if-thenプランニングも使って、集まりに参加したら→解散までに3人以上と話すようにして、最初と比べてだんだん達成できるようになっていきました。

他には、人前(なるべく大人数)の前でギャグをぶっこんだりなど、昔の自分なら抵抗があることをコツコツとクリアしていきました。そうしていると、あれだけ恥ずかしいことをやれたんだから、これぐらい大丈夫だと思えるようになり、勇気が強化されたのを実感できましたね。

今では、1、2年前と比べたら抵抗少なく、コミュニケーションが取れるようになりました。ただ、内向性が強いことには変わりないので、今でも人が少なくて静かな場所の方が好きですね。ここまでで私が学んだことは、自分のキャパシティーを増やすには弱点とも向き合う必要がある、保守的になるぐらいなら自分を壊して作り変えるぐらいの意識が大切ということですね。

何事も一気に変えようとすると脳が拒否反応しやすくなるので、スピーディーに改善したいときでも1歩1歩スモールステップを着実に踏んでいくのが大事だと思いました。 ブログランキングに参加中です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
Category: ライフスタイル
Published on: Wed,  28 2018 14:34
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment