有意義タイム

ARTICLE PAGE

カフェオレとカフェラテの違いとは?

a1130_000478.jpg

「カフェオレとカフェラテは、何が違うんだろう?」と思ったことはありませんか?
今回はこの2つの違いについてお話します。

カフェオレもカフェラテも、コーヒー牛乳です。
カフェオレはフランス語で、「カフェ」はコーヒーを表し、「レ」は牛乳を意味します。カフェラテはイタリア語で、ラッテ(ラテ)と言い、これも牛乳のことですね。
簡単にまとめると

日本→コーヒー牛乳
フランス→カフェオレ
イタリア→カフェラテ

という感じですね。
実際に何が違うかと言うと、次の2つです。

コーヒーの抽出方法
牛乳の温度


カフェオレはネルやペーパーでドリップしたコーヒーを使います。一応、ネルとペーパーの説明を軽く置いときます。

「ネル」とは、手触りが柔らかく起毛している織物「フランネル」のことで、「ネルシャツ」の「ネル」と同じものを指します。このネルで作られた布製フィルターを使う抽出方法を、ネルドリップと言います。

ペーパーフィルターは使い捨てなので器具の手入れは簡単ですが、抽出の仕方によって味わいに違いが出てきます。
『UCC Good Coffee Smile』



カフェラテはエスプレッソを使います。細かく挽いた豆に圧力をかけ、短い時間で抽出したコーヒーを使用していますね。
そして、牛乳の温度や温め方の違いですが、カフェオレは鍋で火にかけて温めるのが基本で、カフェラテは蒸気で温めた「スチームドミルク」でつくります。これは泡立っていないものです。

スチームドミルクは蒸気で温めたものなので、なめらかな味わいになります。私もカフェでバイトをしていたことがあるのですが、確かにカフェオレとカフェラテではつくりかたが違かったな~という記憶がありますね。カプチーノは「フォームドミルク」に入っていますが、カフェラテに使うこともあるそうです。カプチーノのあのふわりとした柔らかな味わいは、フォームドミルクから来ていたのですね。

ぜひ、雑学として知っておいて、友人などが「カフェオレとカフェラテって、何が違うんだ~?」という疑問を口にしていたら、話のタネにしてみるといいかもですね。


参考文献
『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる Business Life』(馬渕 知子 著、クロスメディア・パブリッシング(インプレス))



ブログランキングに参加中です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
Category: ライフスタイル
Published on: Thu,  24 2018 22:28
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment