有意義タイム

ARTICLE PAGE

努力を隠して魅力レベルを10倍にしよう

a0940_000504.jpg

あなたは、努力は隠した方がいいと思いますか?
隠すメリットもあれば、隠さないメリットもあります。
では、隠した方がいい努力と、隠さない方がいい努力について考えていきましょう。


隠した方がいい努力
隠した方がいい努力は、まだ形になっていないものです。
ギターの練習をしていて、まだ1曲も弾けない場合。そんな状態で他人にギターの練習をしていると話しても、
人によっては余計な期待を持たせてしまったり、詳しく知らないところまで話が発展したりしてしまう可能性があります。
小説を書いているという場合でも、どこかに応募して賞を取ったことがあるなら、
話が盛り上がりやすくていいと思いますが、まだ趣味で書いているだけで応募などをしたことがない場合は、
あまり人に言わない方がいいです。
他人の勝手なイメージで、自分のやる気や可能性を削がれてしまうかもしれないからです。

他にも、隠した方がいい努力はあります。
それは、マニアックなものです。
話が合えば楽しいのですが、話が合わない人だと、え、それのどこが面白いの......となってしまいます。
新しいことでもどんどん受け入れてくれる人なら話しても大丈夫なので、話す相手は選んだ方がいいでしょう。
あとは、自分で研究して見つけた知恵です。
わかりやすく話せるのならいいのですが、基本的にそういったマニアックな知恵は
説明するのに、理解しやすい形にしなければなりません。
下手に話して、意味もなく否定されても虚しいだけです。
敢えて努力を隠すことで、他人からはなぜ自分がそんなことをできるのか、わかりにくくなります。
そうなれば、ミステリアスな雰囲気が魅力を作り出してくれます
マジックと同じです。
タネが分からないからこそ、魅力が増えるのです。


隠さない方がいい努力
隠さない方がいい努力は、ある程度形になっているものや、人に言うことで大きなメリットが得られるものです。
例えば、手相占いが得意で、人に見せられるレベルだとします。
その場合、人にさりげなく話しておいた方が、食事に行ったときなど、
自分の得意を活かして、その場で楽しい雰囲気をつくることができます
ひょっとしたら、仕事のお誘いもあるかもしれません。
芸は身を助く、です。
言うことで、人脈が広がったり、大きな話しに発展したり
言うメリットが大きいと思ったことは、思い切って人に話してしまうのもありということです。
人の役に立つかもしれないし、誰かもっと詳しい人に面白い話を聞けるかもしれないのです。

どうだったでしょうか。
きっと自分の中で、隠した方がいい努力と隠さない方がいい努力が浮かんだと思います。
上手く使い分けて、自分の可能性と魅力をパワフルに育てていきましょう。 ブログランキングに参加中です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
Category: ライフハック
Published on: Tue,  21 2017 22:17
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment