有意義タイム

ARTICLE PAGE

感謝はしたくなってするものであって、求めるものではない

a0800_001326.jpg

あなたは、感謝についてどういうイメージを持っていますか?
礼儀か。それとも自然に出るものか。
今回は感謝について、考えていきましょう。


感謝は求めてはいけない
そもそも、人に要求をすること自体がナンセンスです。
なぜかというと、要求をしても必ず良い返事が来るとは限りません。
時には、人に頼ることも作業効率を上げるためには大切ですが、基本的に、自分がやりたいことであれば
自分でやったほうがいいです。そちらの方が確実性が高いからです。自分でコントロールできることなら、
自分でコントロールするという意識を持つことで、目指しているものが手に入りやすくなるでしょう。
要求をすることは、その人の時間を分けてもらうということでもあります。
誰にとっても時間は貴重なものなので、人に頼るならばメリットを提示して
お互いの利害を納得できる範囲にするという工夫が大切になります。

感謝を求めてしまうと、承認欲求が必要以上に強くなってしまいます。
そうなると、期待値も余計に高くなって、もし感謝されなかったときに不快感が生じやすくなってしまいます。
元々、純粋にその人に幸せになってもらいたいとやったはずのことが、
感謝を求めてしまうとネガティヴになる可能性が出てきてしまうのです。
これを防ぐには、感謝を求めないことです。
感謝は求めないが、結果として感謝されれば嬉しい。そんな感覚が大切です。


感謝はいつしてもいい
感謝はいつしてもいいです。
辛いときも、頭の中で友人や家族のことを思い浮かべて感謝するだけで、
不思議と幸せな気持ちになってきます。
ありがとう、ありがとう。
何回でも、誰にでも、好きなときに感謝しましょう。
感謝をするだけで、人間はありがたいものに目がつきやすくなり、幸福感知能力が高まるのです。
些細なことでも、感謝の積み重ねが、暖かな人間関係をつくっていくのです。
自然に出るのが一番ですが、初めは礼儀としての感謝でも構いません。
それが習慣になれば、自然と出るようになってきます。
意識しなくても気づいたらありがとうと言っていた、そんなレベルにまでなれば、
毎日のささやかな幸せも拾っていけるような、幸せのプロになれるでしょう。

感謝は求めない方が期待値が上がらないので、結果として感謝されたときに嬉しさが倍増する
それが予想以上のものであれば、感動にさえなります。
期待値をコントロールし、まずは自分から感謝していくことを心がけましょう。 ブログランキングに参加中です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
Category: ライフハック
Published on: Sun,  26 2017 12:39
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment