有意義タイム

ARTICLE PAGE

『超訳 ニーチェの言葉』から学ぶ、愛についての世界観

a0070_000084.jpg

『超訳 ニーチェの言葉』(フリードリヒ・ニーチェ著 白取春彦編訳)の『愛について』から、
2つ文章を紹介し、自分の考えを書いていきたいと思います。


そのままの相手を愛する
愛するとは、若く美しいものを好んで手に入れたがったり、すぐれた者
をなんとか自分のものにしようとしたり、自分の影響下に置こうとする
ことではない。
愛するとはまた、自分と似たようなものを探したり、嗅ぎ分けたりする
ことでもないし、自分を好む者を好んで受け入れることでもない。
愛するとは、自分とはまったく正反対に生きている者を、その状態の
ままに喜ぶだ。自分とは逆の感性を持っている人をも、その完成の
ままに喜ぶことだ。
愛を使って二人のちがいを埋めたり、どちらかを引っ込めさせるので
はなく、両者のちがいのままに喜ぶのが愛することなのだ。
『漂泊者とその影』』

支配しようとすることは、愛するとはまた別のものだと思います。
相手を完全に自分のものにすることを、愛だという人もいるかもしれませんが、
それ本当に愛か、1度考えてみた方がいいかもしれません。
支配することは、愛するというより、愛の押しつけのように思えます。
相手が、支配されるのが好き系な人だったら、ひょっとしたら愛が成り立つかもしれませんが、
普通に考えて、あれこれ管理されるのはいい気分ではないですよね。
やはり、恋人関係も開放的な付き合いが良いと思います。
恋人同士。
深いつながりであり、助け合える存在である。
しかし、踏み込みすぎはよくない
支配欲に駆られて、自分も相手も見失ってしまってはもったいないと思います。
相手にあれこれ求めすぎない
お互いのちがいを受け入れ、まずは自分から相手を愛し、楽しむこと
そして、お互いが存在しているということだけで幸せを感じられるようになれると、
それは最高の関係だと思います。


愛し方は変わっていく
若いときに心ひかれたり愛そうとするものは、新奇なもの、おもしろ
いもの、風変わりなものが多い。そしてそれが本物か偽者かなど気にし
ないのがふつうだ。
人がもう少し成熟してくると、本物や真理の興味深い点を愛するよう
になる。
人がさらに円熟してくると、若い人が単純だとか退屈だとか思って見
向きもしないような真理の深みを好んで愛するようになる。というのも、
真理が最高の深遠さを単純なそっけなさで語っていることに気づくよう
になるからだ。
人はこのように、自分の深まりとともに愛し方を変えていく。
『人間的な、あまりに人間的な』』

人は成長していく度に、より深いものを愛するようになっていく。
そんな感じですかね。
若いときは、楽しければよくて、どう役立つかとか、考えない人が多いのかもしれません。
とにかく難しいことは考えず、楽しみたい。
友達と楽しみを共有したい。
これが、若者が流行に乗りやすい理由なのだと思います。
細かいことは考えなくてもいい
まあ、だからこそ、子供の頃はすごく楽しかったという記憶が残るのかもしれませんね。
成長していくと、深いものに興味が出てくる。
これは、単純で月並みな物事に飽きてくるからだと思います。
人生経験や知識が積み重なって成長していくと、人の考え方や、
物事のパターンがある程度分かってくるので、
これは、こういうものなのだろうと、すぐに予測がついてしまうものより、
これは、こういうことに応用できるとか、そういう深みにはまっていけるものが面白く感じるのでしょう。
成長していくと、若い頃に退屈なんじゃないかと思っていたことの、面白さに気づく
これは、とても良いことだと私は思います。
楽しいだけじゃなくて、その上で、役に立つか。
そして、生活やスキルに応用できるか。
もしくは、思考実験のような、想像して楽しめるのもいいでしょう。
その面白さにはまることで、さらに成長もしていけるのではと思います。


愛について……どうでしたか?
まずは、自分から愛すること。
これは他の記事でもよく書いていることなのですが、まずは自分から相手を好きになるということが大切です。
それはなぜかというと、他人からの好意を求めてしまうと、それを基準にして物事を見てしまうし、
自分は好かれているのかと、気になってきりがなくなってしまうからです。
好意を求めない。
それでいて、まずは自分から愛したり、好きになったりする。
そこから、お互いの良い部分が見えやすくなって、関係が育っていくのです。

そして、成長により変わる愛。
自分の愛するものが変わって、周りの人と話しが合わなくなっても焦ることはありません。
それは自分が成長しているという証だから、自分の変化を受け入れれば、
新たな付き合いに繋げることができる
と思います。 ブログランキングに参加中です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
Category: ライフハック
Published on: Thu,  09 2017 23:21
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment