有意義タイム

ARTICLE PAGE

好きなことを選ぼう

a0960_007544.jpg

あなたは迷わずに、好きなことを選ぶことができますか?
多くの人は、何かしらの壁があり、好きなことを後回しにしてしまうことがあると思います。
それならまだしも、封印までしてしまう人だっているかもしれません。
では、どうしたら、好きなことを選択することができるか?
好きなことを好きであり続けられるか?
一緒に考えてみましょう。


好きなことを選ぶと決める




まずは、好きなことを選ぶと決めることからです。
宣言するだけで、今後の行動や思考の迷いを減らすことができます
決めるということが、迷わないためにも本当に重要なことなんです。
「そんなこといっても、本当に決めてしまっていいのか……」
「決めることで、他の事によくない影響がでないか……」
そう悩んでしまう人もいるかもしれません。
ですが、それは気にするレベルのことではありません。
なぜかというと、好きなことを遠慮する必要はないし、
好きなことをやって他のことができなくなったとしても、
本当に後悔すると思いますか?
もし、私たちがおじいちゃん、おばあちゃんになったとして、
むしろ後悔することといえば、
「もっと好きなことをやっておくべきだった」
「もっとやりたいことをやっていればよかった」
そういうものがほとんどだと思います。
こういう後悔が出てきてしまうのは、やりたいことをやらなかった、
あるいは、やりたいことができない状態にあったのが原因だと思います。
やりたいことをやらずにいてしまうと、それが本当にやりたいことだったか、
忘れてしまうかもしれません。
好きなことを忘れる、こんなに悲しいことはあるでしょうか?
人間の思考なんてすぐ揺れ動いてしまうものなのです
ある実験では、人が同じ考えを持っていられるのは6秒までという研究結果が出ています。
6秒前に好きでやりたいと思ってたことが、6秒後にはやりたくなくなっているかもしれないのです。
忘れてしまっているかもしれないのです。
だからこそ、やりたいと思ったらすぐやるという習慣が大切です。

好きなことを通して、集中力やステップを踏んで目標を目指していくことを学べば、
他の事には好影響になると言えるでしょう。

そして、好きなことを好きであり続けるには、他者に妥協してはいけません
遠慮してはいけません。
遠慮した時点で、その物事は中途半端になってしまい、
モヤモヤした感じが中々消えてくれなくなってしまいます。
好きなことは自分で決める
やりたいことは自分で決める
あらかじめ決めておくということが、大事です
そして、嫌われることを恐れてはいけません
これも、恐れた時点で、あなたの好きなものへの愛は中途半端なものになってしまいます。
誰だって後悔はしたくないですよね。
細かく言えば、将来の後悔に減らせるものがあるなら、減らしておいたほうがいいと思います。
誰がなんと言おうと、そのことを好きな理由は自分が一番良く知っている。
だからこそ愛せるし、愛し続けられるのです。

“妥協して中途半端な人生を生きるより、
嫌われようが好きなことを選んでいく人生の方がはるかに美しい”

好きなことに遠慮はいらない。
意味もなく否定されたとしても、気にする必要はありません。
自分の楽しいと思ったこと、好きだと思ったことを貫きましょう。
きっと、理想にまっすぐ向き合っているあなたのその背中は、迷い人の大きな助けになると思います
そんな人間であれるように、好きなことは貫き続けることを決めましょう ブログランキングに参加中です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
Category: ライフハック
Published on: Mon,  10 2017 09:51
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment