有意義タイム

ARTICLE PAGE

情報を整理して、効率化しよう

a1130_000272.jpg

あなたは快適な環境をつくれていますか?
作業のしやすい環境をつくれば、より効率的に作業をすることができるようになります。
では、快適に作業をするためのコツをお話したいと思います。
『決める――すべてを一瞬で判断できるシンプルな技法』(スティーブ・マクラッチー著 花塚恵訳)の『第8章 「人生」を管理する――「合理的に決める」行動を継続する』から、
文章を紹介しながら、自分の考えを書いていきたいと思います。


整理は優先的にしよう

『頭の冴えるスペースをつくる』
『部屋の散らかり具合をはじめ、何かにストレスを感じる、感じないの違いは、自分の
「決断」にかかっている。たとえば、フォークやスプーンは、家のどこにしまうかを自分
で決めて、それを守っている。しまう場所に問題がなければ、フォークやスプーンの整理
整頓について、それ以上何かの決断が必要になることはない。』

整理することで、自分の作業がより捗ります
部屋が散らかっていると、どの物事がどれぐらい進んでいるかの経過も、
曖昧になってしまいます。
大切なのは記録することで達成感を味わいやすくすることなので、
その逆をやってしまわないように気をつけたほうがいいです。
整理することは必ずしも、物を少なくするということだけではありません。
定位置にすることも、整理の1つです。
定位置にするだけで、何かをしようと思ったとき、その物にすぐに手をつけることができる
こういう選択は1日に何度もあると思うので、
これだけで大きな時間の節約になります。
私がオススメする整理方法は、物を手間がかからないように配置することです。
使用頻度が高いものは、自分がその部屋でよくいる場所……
例えば、作業机の近くに置いておくとすぐに手に取れて便利でしょう。
それとは逆に、使用頻度が低いものは、遠くに置いておくと気にならずに済みます。

『情報を1ヶ所に集める』

情報管理を1つにまとめてすることのメリットは、

面倒にならない
他の情報と照らし合わせやすい
シンプル


こんな感じです。
情報を1つにまとめれば管理が楽なのです。
私がやっている情報の管理方法は、タスクリストリマインダーリストです。
1つではないですが、なるべく少なく済ませるようにしています。
リマインダーリストには、今後の予定が当日や近い日に
通知して知らせてくれるようにしています。
基本的にこのリマインダーリストを見れば、ほとんどの予定がわかります。
そして、この他にもTodayリストを使っています。
「あれ、管理するところ多くないか」
と思われるかもしれませんが、これはただ使い分けているだけです。
今日知っておきたいことはTodayリストにまとめられているので、それさえ見ればわかります。
リマインダーリストは管理というか、一度予定をセットしてしまえば
好きなタイミングに通知できるので、毎日軽く目を通しておくだけで大丈夫です。
タスクリストは使っているうちにやることがたまってきてしまうので、
そこから今日やることだけを選択して、Todayリストに入れるようにしています。
このように、今日必要なものをパッと見でわかるものがあると便利ですね。


このように作業環境を整理しておくだけで、今必要のないことを考えなくて済みます。
整理することは、自分を疲れづらくして作業の質の向上にも繋がります
「何もやっていないのに疲れを感じる」
という方は一度、作業環境を見直してみるといいでしょう。
快適な作業環境にすることで、
よりパワフルに多くのやりたいことがこなせるようになるでしょう。


ブログランキングに参加中です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
Category: ライフハック
Published on: Thu,  13 2017 17:39
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment