有意義タイム

ARTICLE PAGE

行動で気分を変える

a0002_011037.jpg

気分って色々なことを左右するように感じますよね。
好きなことをやろうとしてたのに、気分が乗らなかったり……。
つまらないことをやってたのに、気分が楽しくなってきたり。
この気分、コントロールできたらとても便利ですよね。
では、気分のコントロールの仕方について書いていきます。


行動で気分を変える




「退屈だから楽しいことやろう」「楽しいから退屈なことはやりたくないな」
いろんな気分が存在すると思います。
それも単純なものばかりとは限らず、嬉しい気持ちと悲しい気持ちが同時に存在したりすることもあるでしょう。
では、この気分……コントロールすることはできないか?
できます。
気分で行動が変わるのと同じように、行動で気分は変わります
つまり、気分転換
これを利用すればいいのです。
悲しい気持ちだと友達のパーティに行ったり、旅行に行ったりなど
する気分には中々なれませんよね。
そこでちょっと待て、です。
「行動で気分を変えられるのではないか?」
そう考えることで、行動を手段として活用することができます。
悲しい気分……だけど、友達とランチに行ったら楽しくなれるかもしれない。
悔しい気分……だけど、練習しているうちに意欲に変わっていくかもしれない。
そう見方を変えるだけで、フットワークを軽くすることができます。

退屈なことをやっているときでも、気分のコントロールはできます
つまらないことの中に楽しさを見つけ出す、あるいは、楽しいことをつくりだすのです。
例えば、箱に印をつけて分類していく単純作業だったとしても、手順を決めてリズムよくやってみるとか。
制限時間や目標を決めて、ゲーム化してみるだとか。
楽しくする工夫が、気分のコントロールに使えます。
そして、思考のコントロール。

楽しい、楽しい、楽しい。
面白い、面白い、面白い。
ワクワク、ワクワク、ワクワク。

そう心の中で思うだけで、目の前でやっていた作業の面白いところが、どんどん見つかっていくようになります。
これはアンテナを張る方法です。
ポジティブな言葉を使うことで思考が明るくなり、物事の解釈の仕方もポジティブになるのです


大切なのは、0から考えてみること
今までなんとなくつけていた色眼鏡をはずしてみて、新鮮な世界を見てみてはいかがですか?
辛いときは、その物事と向き合うことも大事です。
しかし、向き合いすぎて疲れすぎてしまっても仕方ありません。
嫌な気分のときこそ、好きなことに取り組んで気分を変えてみましょう
きっとその瞬間から、あなたのエネルギーはプラスに大きく変換されるでしょう。 ブログランキングに参加中です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
Category: ライフハック
Published on: Wed,  26 2017 17:24
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment