有意義タイム

ARTICLE PAGE

勇気は鍛えられる

a1180_006019.jpg

あなたは勇気、もっていますか?
何をする上でも、勇気はあなたの行動に大きな影響を与えます。
では、勇気が大切な理由、勇気を鍛える方法についてお話します。


勇気があれば、より人間らしくなる




勇気が大切な理由、それはなんだと思いますか?
勇気が弱いと人は、臆病な行動しかできません
人になんら影響を与えることのない、存在感すら薄くなってしまいます。
「好きなように過ごせていればそれでいいんじゃない?」
そう思う人もいるでしょう。
確かに、好きなことをして生活するというのは、“今この瞬間を生きる”
ということなのでとても大事なことではあります。
しかし、臆病も度が過ぎたり、方向性が間違うと大変なことになります。
目標に向かって前へ進んでいる人間の邪魔をしだしたり、人をバカにすることで偽りの優越感に浸ってしまうような人間になってはいけません。
こういう人間はどこにでもいます。
おそらく、あなたが今まで知り合ってきた人の中でも吐き気がするほどいるでしょう。
そういう人たちとは、付き合わない方がいいです。
嫉妬心というのは誰にでもありますが、他者の足を引っ張ろうとするのは歪んだ嫉妬です。
友達に良いことがあったら、一緒に喜べる
競争ではなく、協力しあえる関係
そんな関係が理想的です。

そして、勇気が弱い人間は現状に執着します
そうしていることが楽だと思い込んでいるからです。
変わるきっかけがない人間は変わろうとしない。
大して面白くもない沼に浸かったままで、他の人間もその沼に一緒に浸からせようとする人さえいます。
そんな人間にこだわっていても仕方がありません。
低いところであれこれやっている内は、そのレベルの人間関係しか気づけません。
成長して高いところまで行けば、そのレベルに合った人間関係を築けます
「もっと目標に向かって頑張るんだ」
そう思うことは大切ですが、その先で下手に後ろを振り返りすぎないことも重要です。
自分が成長するプロセスで崩れてしまった人間関係があったとしても、気にし過ぎないようにしましょう。
人の足を引っ張ろうとするような人間は自然と離れていきます。
向上心がありお互いに良い関係を育てようと思っている人はついてきます。
つまり、自分が成長するほど人間関係は淘汰されるのです。
合わないものは消えていき、合うものとの関係は強くなる
そういうものです。
だから、遠慮はいりません
今まで仲が良かった相手が消えてしまったのだとしても、そのレベルの人間ということです。
友人が成長する程度で離れていく人間はどっちみち、心の中で歪んだものを抱えています。
だからこそ、気にする必要性はないです。
目標に向かって進んでいけば、より質の良い人間関係が築けていけます
そして、現状に執着する人間は、できない理由を探し続けます
それは「言い訳」が欲しいからです
もし、自分とは違う向上心の高い相手が現れたとき、できない理由があれば言い訳をすることができます。
そうやって小さな小さなプライドを守ろうとするのです。
何て虚しいことでしょうか。
このタイプの人間は世の中に溢れかえるほどいます。

勇気が強い人間は、理由を強化して理想を追及していきます
勇気が強ければ、「こんなのムリだ」と思うようなでっかい夢でも叶えようとします
なぜなら、時間は有限だということを知っているからです。
下らない迷いに時間を使っているのはもったいない。
だからこそ、理想を追求していくのです。
そんなことをしたら、「自分勝手と思われるんじゃないか」と悩んでいしまう人もいるでしょう。
しかし、それが正解だと私は思います。
「正しい、正しくない」よりも「好きか、好きでないか」で、判断した方が良いと思います。
これは、人として正しくないからやらない。
そんな判断に何の意味もありません。
何の意志もありません。
自分が好きだから、これがやりたい
そう思うことが大切です。
自分が成り立っていないと、そもそも人のためになることはできません
他人のために自分を捨てていないですか?
まずは、自分を1人の人間として成り立たせること。
そうすることではじめて、「人のため」になることができます。
そして、理由を強化すること。
行動する理由は多いほどいいし、強いほどいいです。
それだけ、行動力が強くなるからです。

勇気を鍛える方法の1つとしては、たくさん恥ずかしい経験をすることです。
誰しもが恥ずかしいという経験はしたことがあるでしょう。
この恥ずかしい経験をすることで、行動するときの壁を減らすことができます
恥ずかしいだけの理由で、自分の夢を諦めるなんてアホらしいですよね。
だからこそ、自分から敢えて恥ずかしいことをしてみるのもプラスになります。
自分はよく学生時代に、思い切って恥ずかしいことをやっていました。
あまり人に話せるようなことではありませんが(笑)
自分が普段はやらないようなことをやってみたり、「変人じゃないか?」と思われてしまうような行動をとってみたり。
まあもちろん、安全範囲内はありますが(笑)
チャレンジすることで、勇気を鍛えていきましょう。


「こんなことをしたら恥ずかしい!」
と思えるようなことをどんどんやっていくことで、無駄なプライドやネックが減っていき躊躇いが消えていきます
そうすることで、勇気も強くなっていくのです。 ブログランキングに参加中です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
Category: ライフハック
Published on: Thu,  27 2017 18:12
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment